Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK
iic_osaka

美術史講座:2017秋期講座「イタリアの名画でよむギリシア・ローマ神話」

 

美術史講座:2017秋期講座「イタリアの名画でよむギリシア・ローマ神話」

西洋絵画を見るとき、「この絵はとても美しいけれど、描かれているのは誰だろう?」「表されているのがどんな場面かよくわからない」と思ったことはありませんか?

秋の美術史講座は「イタリアの名画でよむギリシア・ローマ神話」と題してお送りします。


西洋絵画の多くはキリスト教かギリシア・ローマ神話の物語を題材としており、これらは私たち日本人にあまり馴染みのないものです。これらの物語を知れば、西洋絵画を味わう時間はこれまでよりずっと楽しく豊かなものになるでしょう。

本講座では、西洋絵画の二大テーマのひとつであるギリシア・ローマ神話の様々なエピソードをイタリアの名画とともにたどります。この機会に、西洋文化の源泉であるとともに、神々の織りなす悲喜交々のドラマでもあるギリシア・ローマ神話の世界に親しんでみませんか?

授業は豊富なスライドを用い、日本語で行われます。
(※本講座は2015年に行なわれた講座のアンコールです)

 

〔講座スケジュール〕

第一回 神々の世界①―ユピテル、ユノ、ネプトゥヌスなど(10月6日、10月7日)

第二回 神々の世界②―アポロ、ディアナ、ミネルウァなど(10月20日、10月21日)

第三回 神々の世界③―ウェヌス、マルス、バッカスなど(10月27日、10月28日)

第四回 英雄と怪物、ニンフ、人間たちの世界①―ヘラクレス、ケルベロス、ケンタウロスなど(11月10日、11月04日)

第五回 英雄と怪物、ニンフ、人間たちの世界②―ペルセウス、メドゥーサ、オイディプスなど(11月17日、11月11日)

第六回 英雄と怪物、ニンフ、人間たちの世界③―パンドラ、イカロス、オルフェウスなど(11月24日、11月18日)

第七回 トロイア戦争と寓意の世界①―パリス、ヘレネ、アキレウスなど(12月01日、11月25日)

第八回 トロイア戦争と寓意の世界②―オデュッセウス、ラオコーン、アエネイスなど(12月8日、12月02日)

第九回 トロイア戦争と寓意の世界③―「死」、「時」、「運命」など(12月15日、12月09日)

 

講師:木村太郎(きむらたろう)

1978年、北海道函館市生まれ。2007年、大阪芸術大学大学院博士課程修了。博士(芸術文化学)。2012~14年にピサ大学美術史学科留学(イタリア政府給留学生)。現在、大阪芸術大学非常勤講師。専門はイタリア・バロック絵画史。論文に「カラヴァッジョ作《メドゥーサの首》をめぐって」『イタリア学会誌』(2006年)、「Analisi iconografica del “San Giovanni Battista nel deserto” del Caravaggio della Galleria Borghese di Roma」『Artibus et Historiae』 2015年)、訳書にローナ・ゴッフェン『ヴェネツィアのパトロネージ―ベッリーニ、ティツィアーノの絵画とフランチェスコ修道会』石井元章監訳(三元社、2009年)など。

 

〔開講時間と受講料〕

金曜クラス 19:00-20:30 (90分)
土曜クラス 10:00-11:30 (90分)

全クール(全9レッスン)のお申し込み: 21,000円
1クール(3回)のお申し込み: 7,500円
1レッスンのお申し込み:     3,000円 (開講決定の場合)

 

 

◆ご予約・お問い合わせ◆
イタリア文化会館―大阪
Tel: 06-6227-8556
Mail: corsi.iicosaka@esteri.it


723